menu

議事録

 

日本薬学会化学系薬学部会 令和4年度 第1回役員会議事録

日時: 令和4年(2022年)5月28日(土)12:00~12:45

場所: 日本薬学会長井記念館とオンラインのハイブリッド開催

出席者(22名): 赤井 周司(阪大薬)、大和田智彦(東大薬)、岩渕好治(東北大薬)、高須 清誠(京大薬)、林 良雄(東京薬大)、難波康祐(徳島大薬)、石川勇人(千葉大薬)、井上将行(東大薬)、上田 昌史(神戸薬大) 、大嶋 孝志(九大薬)、熊本 卓哉(広島大薬)、古田 巧(京都薬大)、牧野 一石(北里大薬)、眞鍋 史乃(星薬大/東北大)、中村 精一(名市大薬)、根本 哲宏(千葉大薬)、竹本 佳司(京大薬)、松永茂樹(北大薬)、森本浩之(九大薬)、矢倉隆之(富山大薬)、吉村祐一(東北薬大)、高橋秀依(東理大薬)

欠席者(0名):

議長: 赤井 周司(日本薬学会化学系薬学部会部会長)

【協議及び報告事項】

  1. 2022年度化学系薬学部会賞受賞者の選考について

赤井部会長より、2021年度化学系薬学部会賞の選考過程について説明があり、次いで、審査員6名の書面審査結果資料が提示され、意見交換がなされた。その結果、上位3名に賞を授与することを満場一致で決定した。

受賞者は以下の通り 

尾谷優子(東大薬)、隅田有人(金沢大薬)、山次健三(東大薬)

(五十音順)

  1. 化学系薬学部会の役員の任期について

赤井部会長より、自身の部会長任期が丸2年間となる今年度末で退任し、次期部会長予定者の大和田副部会長に引き継ぎたいとの意向が示された。部会長等の役員の任期については、今後、規定に従いつつ柔軟に対応していくとの提案があった。

  1. 医農薬化学ディビジョン役員の選出に関する規約について

赤井部会長より、医農薬化学ディビジョン役員の選出法に関する規約を作成することに関し、今後継続して審議する旨の説明があった。

  1. 国際交流について

赤井部会長より、佐々木会頭の意向として国際交流を各部会で進めるための企画を求められているとの説明があった。これに関し、年会での国際シンポジウム、他の部会との連動や、東北大学が中心になって行われている6大学シンポジウム、など今後の学会やシンポジウム企画に関する意見交換がなされた。

  1. 次世代シンポジウムへの関与について

赤井部会長より、次世代シンポジウムでの各賞の審査員を化学系薬学部会長が本部会役員の中から推薦していることに関し説明があった。本部会役員が次世代シンポの審査にどのように関わるかについて、今後、継続審議することになった。

  1. 第50回反応と合成の進歩シンポジウムについて

根本実行委員長より、2022年度化学系薬学部会賞受賞者が3名となるため、プログラム編成の基本方針に変更が必要となるとの説明があった。受賞講演の時間と一般発表の講演時間の変更等について役員から意見を求め、それを参考にして実行委員会が決めることが赤井部会長より提案され、了承された。

以上、敬称略